« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月22日 (月)

3月に陸っぱりカワハギは釣れるのか?

数日前になりますが、秋季に好釣果が得られる佐田岬でカワハギを狙ってみました。

 

ポイントは、小鯖や小鯵が猛爆状態で釣れており、平日ながらサビキ師で大混雑。

 

良さげな立ち位置には全く入れそうもなく、空いている所での竿出し。

 

相変わらずのサビキ師の傍若無人な釣りマナーに呆れながも、朝から昼過ぎまで頑張ってみました。

 

余り期待しないでの試し釣りでしたが、釣り開始後、かなり時間がたってからの突然の本命のアタリ!

 

ラインが1~2mm程度動くような極小アタリを鋭く合わせると、カワハギ特有の強い引き。

 

20210322

 

23センチ程度の、まあまあサイズで、体色を見る限りコンディションは良く、肝パンな個体。

 

更に、ワッペンサイズも2枚ヒットしましたが、秋口から大して成長しておらず、リリース。

 

それ以降も、それっぽいアタリが数回ありましたが、掛け損じや、針ハズレなど数回。

 

対岸のサビキ師のあり得ないキャストマナーで、数回仕掛けを切断され、ラインが短くなり釣り続行不可能になり終了。

 

全般的にカワハギの動きは悪く、サビキ師の妨害行為がなくても、また条件が良くても5枚程度が限界っぽく、やはり今の時期に積極的に狙う気にならない状況でした・・・。

 

エサ取りは少なく、アタリも少ないですが、フグやチャリコ、小アイゴなどが稀にヒットしてきます。

 

釣り物が少ない今の時期、手軽に楽しめる釣りを模索していますが、低水温で難しいですね。

 

カワハギに関しては、少し日数を置き、また調査してみます。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

2021年3月 2日 (火)

春風に誘われて、メバル釣り

昨日は、釣友に誘われ午後からメバル釣り。

 

「餌もあるし、遊びにおいでよ・・・」って事で、いつもの黒岩海岸です。

 

日差しは多く、生暖かい南風が吹いており、20度近くまで気温が上がっている模様。

 

202103011

 

先にポイントインされている釣友によると、激渋らしいです。

 

時折突風交じりながら穏やかな海で、潮位は夕方の干潮に向けて急激に下げています。

 

沖合は、川のような激流が左に走っていますが、ポイント付近は、右方向への速めの引かれ潮。

 

波間に金魚級の小メバルが確認できる状況ですが、諦めムード漂う中、釣友に餌を分けて頂き私も参戦・・・。

 

釣友の横で仕掛けを投入してみますが、やはり小メバルさえ食ってこない激渋状況。

 

立ち位置を変えず粘る釣友を横目に、私は”あっちこっち釣法”を敢行し、小メバルと戯れます・・・。

 

途中までオールリリースでしたが、時折20UPな良い子が混ざるので、キープに転じるとアタリが激減。

 

釣り、あるあるです。

 

干潮時刻となり、潮が止まった所で釣友の所に戻ってみると、軽く20センチ超えのナイスブルーを2匹釣られていましたが、やっぱり激渋だったみたいで・・・。

 

私の釣果。

 

明らかに20センチを超えたメバルは2匹で、他こんまいちゃん少々。

 

202103012

 

春先は、水温も低いし釣物も少なく時化も多しで、個人的には苦手な季節です・・・。

 

ではでは。

 

 

 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »