« 2020秋季カワハギアタック 5回目! | トップページ | 極寒の磯釣りで納竿? »

2020年11月30日 (月)

2020秋季カワハギアタック 6回目!

今朝、行ってきました。

 

潮回りは、まずまず良かったですが、終始突風交じりの強風が吹いていました。

 

ポイントは、いつもの佐田岬ですが、前回と違う立ち位置にて、夜明けより釣り開始。

 

1投目から手の平サイズのアイゴの猛攻。

 

ダブル、トリプルでアイゴがヒットしてしまいます。

 

アタリの出方は、カワハギっぽく、針掛かり後のファイトもカワハギっぽいので、終始騙され続け・・・疲れました。

 

今日は、20センチ超えのカワハギが少なく大苦戦。

 

昼までに、お持ち帰りサイズでツ抜けできましたが、アベレージは20センチを下回っており、消化不良な釣りでした。

 

202011301

肝の大きさは、ピーク時より半減していて、そろそろシーズン終了の予感。

 

良型は、深場に落ちちゃったぽいです。

 

持ち帰りできないワッペン君は、相変わらず多いですけどね・・・。

 

202011302

 

前回の釣れっぷりからすると年内は楽しめそうな感じでしたが、あと1回行くか?否か?は微妙です。

 

202011303

サビキ師達は、アジを入れ食いにさせていましたが、良型は少なく15~20センチ級のゼンゴが大半でした。

 

今日は、青物タックルも持参し、いつでも投げられよう準備していましたが、残念ながら出番なしでした。

 

ではでは。

« 2020秋季カワハギアタック 5回目! | トップページ | 極寒の磯釣りで納竿? »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020秋季カワハギアタック 5回目! | トップページ | 極寒の磯釣りで納竿? »