« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月22日 (木)

2020秋季カワハギアタック2回目!

3日ほど前になりますが、2020秋季カワハギアタック2回目。

 

先ずは新規開拓で、前々から「ここは釣れるんでないかい?」と目を付けていた佐田岬のポイントに入ります。

 

いつもならサビキ師が溢れ返っているポイントですが、全くの無人状態に違和感を感じながら釣り開始。

 

しかし、開始直後から、ササノハラッシュ&チャリコラッシュの雨あられ。

 

まあ、外道ラッシュは慣れているのですが、それに加えて巻き上げ途中の中層での不自然な根掛かりが頻発。

 

捨てオモリ式で、根の粗いポイントでも鉛ロストのみで済むようにしている仕掛ですが、上針が引っ掛かり全ロストが5回程。

 

おそらく、少し沖目の中層に、釣り妨害ロープが張られているっぽく、新規開拓は失敗に終わります。

 

朝まずめの1時間余りのロスタイムは痛いですが、一度頂上線に上り、中移動・・・お気に入りホームポイントに入り直します。

 

釣り人は全く見えず、どこにでも入れる状況でしたが、前回とは少し離れた立ち位置ながら大型が狙えるポイントで釣り開始。

 

一応、カワハギっぽいアタリがあるものの、10センチあるなしの、持ち帰れないような極小サイズが連発。

 

202010191

 

潮回りは前回よりも良いのですが、曇天~時々小雨でカワハギの活性が上がらず大苦戦。

 

陸っぱりカワハギに関しては、スカッと晴れた日が良いように思います。

 

仕掛投入後、数秒以内の勝負の早い釣りですが、この日は魚全般の活性が低く、エサが落ちない事も多々ある異常事態。

 

エサ取り君達も、あまりヒットしていません。

 

午前10時を過ぎ、20センチ強のまずまずサイズが、偶にアタリ始めますが、連発は無し。

 

少ないチャンスをものにし、なんとか20~23センチ級、7枚にて終了。

 

202010192

魚のコンディションは良く、キモパン揃いです。

 

ホームとは言え、昨年まで機能していた立ち位置でアタリが無く、また今まで実績がない立ち位置でアタリが出たり・・・という気難しい釣りで、安定感は無く、1枚1枚が一期一会の生き物相手の難しい釣りである事を痛感しています。

 

エギンガーとも、ちょくちょく遭遇しますが、「佐田岬ランガンで、こんまいちゃん2~3ハイとかで、やってられん」という感じで、今秋のモイカは不調みたいです。

 

ではでは。

 

 

2020年10月16日 (金)

2020秋季カワハギアタック1回目!

本日、行ってきました。

 

ポイントは、いつもの佐田岬ですが、北東風やや強くで白波少々・・・。

 

お目当てのポイントは、サビキ師が入っていたので、別ポイントへ入ります。

 

釣り開始直後から怒涛のササノハラッシュ。

 

202010161

 

ダブル、トリプルで容赦ない感じのササノハ君。

 

アタリが有れば確実に針掛かりし、がっつり飲み込まれ、口も硬いし、ぬるぬるするしで、針を外すのにも一苦労です。

 

「たまにはベラ以外も釣りたい」と、ぼやきの一つも出るってもんですが。

 

なんと、たまにはベラ以外も釣りたい・・・という名のブログが、ここ愛媛の松山から発信されています。

 

略して「たまべら!」HNは「べらお」さん・・・という俊逸なネーミングセンスで、私的には、ドストライクなブログ。

 

楽しく、読み応えのある記事を上げられていますので、釣り好きさんは是非・・・。

 

話が逸れましたが、ササノハ以外も、色々ヒット!

 

202010163

 

変な模様のサンバソウとか。

 

202010162

 

紅のトラハゼとか、普通のトラハゼとか。

 

その他、チャリコやら、フグやら、スズメダイやら色々と釣れますが、なかなか本命に出会えません。

 

カワハギは、まだ早いのか?少々不安になったところで、本命のアタリ!

 

202010164

 

いきなりのダブル!

 

「今日は、これから爆るのか?」と期待しましたが、その後は思ったほど釣れません。

 

202010165

 

ちなみに肝は、ほぼMAXの入りで、魚のコンディションも上々です。

 

あの手この手の技を駆使して、午前10時頃に、やっとツ抜けに成功。

 

サイズは、20~23センチ主体で、まずまずといったところですが、25センチを超えるような大型は無し。

 

午後は潮位も低くなり、さっぱり駄目で、予報より早めに小雨が降りだしたところで納竿。

 

202010166

 

カワハギ13枚と、チャリコ、サンバソウ数枚を持ち帰り。

 

アジは全く釣れず、サビキ師にも1時間に1匹程度、それも20センチぐらいのゼンゴしか釣れていませんでした。

 

お手軽な釣りですので、また狙ってみます。

 

ではでは。

 

 

2020年10月 7日 (水)

スランプ

10日ぐらい前の話。

 

黒岩海岸のチヌ釣りで、本命無しの完封負け。

 

そして数日前の宇和海エギングでも、こんまいちゃん5ハイ程度と振るわず。

 

202010071

 

そして、釣り運を十分に溜め込んでの、本日武者泊の磯釣り。

 

台風14号接近の為、中止・・・になるかと思いきや、まさかの出船判断となりました。

 

朝一に船長の開口一番のお言葉。

 

「今日は沖は無理じゃよ、昼までには撤収になる、波の予報は2mのち3mだから・・・」

 

ちーん。

 

私の他に、釣友2人、そして前日からの泊まり客2人の合計5人で出船。

 

私は鼻面の先端に1人で渡礁しましたが、潮が動かず(・・・というか終始当て潮の為)撃沈。

 

オヤビッチャーの入れ食いのみで、何も起こらず。

 

202010072

 

海は終始穏やかで無風、うねりも確認できず・・・でしたが、予告通り昼には撤収。

 

これだったら、前日の段階で中止の判断を下し、別の日に出直した方が良かったんでないかい?

 

いやいや、この悪天候予報の中、磯釣りが出来ただけでも良かったんでないかい?

 

思う事は色々あります、でも運命の女神様が、微笑んでくれなかったって事ですな・・・。

 

実釣中もトラブル続きで、道糸の高切れが頻発。

 

でも終始当て潮だったので、ウキが全て回収できたのが不幸中の幸い。

 

私以外は底物狙いでしたが、ガッキー1枚平均といったところ。

 

爆釣時は心地良い疲れですけど、完全な丸坊主だと、後片付けが楽な割に変な疲れが残ります・・・。

 

次回は良い釣りが出来ますように。

 

ではでは。

 

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »