« 今秋初の激戦区参戦! | トップページ | 台風後の宇和海エギング »

2014年9月26日 (金)

エギングの聖地、由良半島へ・・・

早朝から、数年ぶりに由良半島にエギングに行ってきました。

気合を入れて午前5時に現地入りするも、風圧でクルマのドアが開かないぐらいの爆風です。

予報では夜明けから徐々に風が収まるとの事。

お気に入りのポイントで風が収まるのを待ちますが、全然止みません。

そうこうしていると明るくなり、エギンガーらしき車が、どんどん半島先端部に入っていきます。

おそらく北よりの爆風で行き場を失ったエギンガーが、南岸の魚神山~網代辺りに滞留しているはずです。

201409261

今日は北岸で釣りたかったのですが、爆風でどうにもならないので南岸に入ってみます。

南岸ポイントは墨跡が少ない上に、護岸に平行に張られた釣り妨害ロープは年々増えているみたいで、今一つな感じ^^;

「よそ者は来るな」オーラを強く感じながら、モイカを掛けていきます・・・。

201409262

201409263

サイズは胴長10~18センチぐらい。

15ハイほど釣り、風が少し収まったので北岸へ・・・。

北岸でも15ハイほど釣り上げたところで終了。

合計で30ハイほどの釣果。

もう少し型が良ければ申し分ないですが、風も強かったし、こんなもんですね。

201409264

流石、愛媛を代表する屈指のエギングポイントだとは思いますが、ポイントが少ない割に釣り人が多いので、イカの警戒心も強く、ポイントに入るタイミングを誤ると、秋と言えど丸坊主もありえる釣り場のように思います。

週末は、各ポイントとも混み合いそうですが、行かれる方の健闘を祈っています^^

ではでは。

« 今秋初の激戦区参戦! | トップページ | 台風後の宇和海エギング »

釣行記」カテゴリの記事

コメント

>住人さん

書き込みありがとうございます。

個人的に釣りポイントに張られているロープは「これ以上増えて欲しくない」と願っておりますが、昨今の一部釣り人のマナー低下を私自身も目の当たりにしており「当然の報い」とも感じておりますし複雑な心境です。

「現状が続くと将来、釣りを楽しめるポイントが無くなってしまう」という危機感を感じておりますが、一釣りファンとして、良き方向に向かうよう、祈っております。

1人でも多くの方が住人さんの書き込みを見られ、マナーの向上に繋がるような行動をして頂きたいと願うと同時に、自分自身の釣りマナーについても今一度見直していきたいと思います。

妨害ロープではありません。エギングブームに際し、小さいイカも片っ端から釣っていったり、誰でも簡単、気軽にできる釣りのため、マナーが悪かったりと、評判は最悪ですよ。
私は北側ですが、ロープ張ってるのは知り合いです。
資源保護のため、また悪質なエギンガー対策に北側もロープ張る検討をしております。交通マナー、不法投棄、ごみのポイ捨ても増えました。飲酒運転する輩も居ますので、警察とも連携して、これからは取り締まって行きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エギングの聖地、由良半島へ・・・:

« 今秋初の激戦区参戦! | トップページ | 台風後の宇和海エギング »