2018年5月31日 (木)

春イカキャッチ!

今朝は、早朝より宇和海へ入り、モイカ狙い。

あまり期待していなかったのですが、開始早々にピックアップ寸前の餌木に、沖合から猛然と良型モイカが襲い掛かります。

ナイスファイトでございました。

Imgp0009


約1900gな男の子でした。

その後、餌木には反応しないが、時折モイカが足元をふらふら・・・。

更なる追加を狙いますが、その後4時間ノーバイト。

渋い・・・とは聞いていましたが、参りました。

午前8時頃より雨が本降りになるわ、風も吹くわ・・・で条件的にも厳しかったです。

忘れるところでしたが、初秋サイズのこんまいちゃんもヒットしました・・・。

Imgp0011

カラッと晴れてくれれば、また違った展開にはなったと思いますが、上出来です。

ではでは。

2018年5月30日 (水)

危機的状況

更新は滞っていますが、生きております。

先日、近場の防波堤で、メバルと戯れていた時の話になります。

時間は深夜0時頃の遅い時間帯。

道路を挟んで民家が密集している地理的条件の中、4人組アジンガーが爆音カーで颯爽と登場します。

漁港出入り口の一番邪魔になりそうな場所に駐車され、乱暴なドアの開閉音を響かせながら釣り開始前から大騒ぎしています。

この時点で相当嫌な予感は感じていましたが、まだまだ序章。

推定400ルーメンのヘッドライトで念入りに海面を照らしながら、徐々に私の方に近づいてきます。

私は5m余りの磯竿で釣りをしており、仕掛け分と合わせて10m以内は危険地帯と言えますが・・・。

気が付けば、私の右の二つ目のテトラに1人、私の左の二つ目のテトラに1人が乗りキャスト開始。

距離にして私の3m程度の距離での、まさかの超至近距離でのスタートフィッシング。

せめて「こんばんは、釣れますか?、ここで投げてもええですか?」ぐらいの声掛けが欲しかったところですが・・・。

キャストしながらも、爆光ヘッドライトで海面観察を念入りにされております。

更に数投後、彼らは更に防波堤の先へ移動。

小型のアジやメバルが数匹釣れたらしく、大騒ぎで物持ち画像の撮影会が始まります。

更に、1人のアジンガーが車で到着し、缶コーヒーの差し入れが有ったらしく、大騒ぎしながら乾杯、ダベリングしながらの喫煙タイム。

その後、彼らは1時間程で帰られましたが、遠目に5本の缶コーヒーの空き缶が防波堤の上に立っているのが確認できます。

ポイントから立ち去る際にも爆音マフラーが装着された大型ミニバンで意味のない空ぶかしをすること数回、爆音の音楽でズンドコ言わせながら、アクセル全開で去っていきました・・・。

一番近い民家は、駐車地から10m程での彼らの、深夜でのあり得ない行動に呆れるばかりです・・・。

更に、釣れた小アジ、小メバルも放置されており、タバコの吸い殻も散乱しています。

小アジ、小メバルは、防波堤を定期巡回されている猫ちゃんや、シラサギ君達が最終的に片づけてくれます・・・が、同じ釣り人として情けなく感じます。

全てのアジンガーが、こんなんではありませんが、率から言わせてもらうと、アジンガーのマナーの悪さが際立っています。

こんな状況でも、釣り禁止になっていないのは奇跡としか思えません・・・。

地元住人の寛容さに、ただただ感謝でございます。

更に別の日・・・。

場所は双海の運動公園での出来事。

護岸~防波堤を含めると比較的広く、のんびり釣りができるポイントですが、まあまあの無法地帯として有名な場所。

ここに入られる釣り人の平均年齢は軽く60歳を超えている典型的なシルバーポイントですが、平均年齢が高いからといって平和なポイントではなく、シルバーポイント独特の衝撃的な出来事を目の当たりにする事も多いです・・・。

ポイントに到着し、車の窓を開けた瞬間、ジャミの腐敗臭。

ジャミの臭いと、水溜まりに浸かっているタバコの吸い殻臭に加え、立小便のアンモニア臭がコラボして、衝撃的な悪臭です・・・。

ここは、季節を問わず主にサビキ釣りの方が入られているポイントですが、キスの好ポイントでもあります。

サビキ師の雑踏を避け、階段ポイントでのんびりキス釣りをしていると、私の右手5m以内の至近距離に1人の年配サビキ師が無言で入ってきます。

更に私の左手5mにも、1人の年配サビキ師が無言で入ってきます。

「広いポイントなのに、そこに入るのですか?」と突っ込みを入れたくなる状況でしたが、風上側のサビキ師の容赦ない「ジャミのシャワー攻撃」に戦意喪失し降参。

実は左右のサビキ師が同じ車で乗り付けてきたのは私も確認していましたが、私が撤収準備していると、2人のサビキ師が「兄ちゃん帰りよったで」みたいな事を話しておりました。

はなっから私を追い出す作戦だったみたいですが、ポイントは広いのに何故?と理解に苦しみます。

更に、少し離れた場所でサビキ師同士の仕掛けが絡んだらしく大ゲンカが勃発し怒号が飛び交っています。

しばらく静観していましたが、魚絞め用のナイフも持っているだろうし、放置すると事件になりそうな雰囲気でしたので、渋々仲裁に入ります・・・。

年齢的に現役を引退され、年金生活をされてるっぽい、いい大人の2人でしたが、何をやってるんだか・・・。

2人とも予備のサビキ仕掛けを持ってきていないらしく、どちらの仕掛けを切る、切らないでのトラブル。

絡み具合を見た感じ、なんとかなりそうだったので、私自らが絡んだサビキ仕掛けと格闘する事10分で、無事解決。

ポイントは広いんだから、もっと間隔を開けて釣りなはれや・・・と言い残し撤収。

まあ、こんな状況が続けば、いま釣りが出来ているポイントも、いずれ立ち入り禁止、釣り禁止となるのが自然の流れであり時間の問題です・・・。

これは、釣りのマナーに疎い方だけの問題ではありません。

例えばベテラン釣り師ともなると、係留船や係船用のブイ&ロープをタイトに狙ったキャストをしがちですが、たった1度のキャストミスで、船舶のオーナーの怒りを買い、立ち入り禁止の事態になりかねませんので、十分な注意が必要です。

我々の子の代、孫の代まで、一体いくつの釣り可能なポイントを残せてやれるのか?

一人ひとりの釣り人が、細心の注意を払いながら行動される事を願っています・・・。

お堅い話になってしまいましたが、今後も釣りを楽しんでいく為に、避けては通れない問題ですので・・・。

ではでは。

2018年4月24日 (火)

釣り色々~♪

またまたご無沙汰しております。

今から1ヵ月程前の釣りですが、今年2回目の武者泊。

底物師&ソルトの2人の釣友は、ヤッカン ヒナダンへ下り、私はワレへ・・・。

今回も、釣り開始早々から、ランカーサンノジが連発。

本命のグレ&イサキは1枚ずつと撃沈。

Imgp0005_3

グレは48センチ、イサキは35センチぐらいです。

この日は、全般的に不調でした。

釣友の底物師は、イシダイ1枚、ソルトの方は、70センチ弱のカンパチ1本という微妙な釣果でした。

まあ、釣友ともども一矢報いた・・・という事で良しとしましょう。

そして、先週には、今年初のメバル釣り。

なかなか厳しい感じでしたが、15匹程お持ち帰り。

Imgp0006

アベレージは20センチに届いておらず、ちょい小さめ。

続いて、今年初のちょい投げでのキス狙い。

伊予市近辺のサーフにて初物キャッチ!

Imgp0007

しかし、数は伸びず、3匹釣ったところでアタリが途絶えます。

サーフポイントは、一昨年は好調だったものの、昨年はアタリすら無く沈黙、そして今年は3匹という事で、非常にムラが激しいです。

漁港ポイントに移動し、合計で16匹釣ったところで終了。

Imgp0008


一番大きいのは28センチぐらいありましたが、かなり痩せています。

平均で20センチ程ですから、まずまずだと思います。

ちょい投げでのキスは、数年サイクルでポイント毎に好不調の波があり、釣れるポイントや潮周りも毎年変化しています。

ある程度、ちょい投げポイントの全貌が掴めた頃に、その年の釣季が終了する・・・という気難しい釣りですが、今シーズンも頑張ってみます。

ではでは・・・。

2018年3月14日 (水)

fathomの釣り糸

ご無沙汰しております。

先日、やっとこさ初釣りにこぎつけ・・・(笑)

・・・みたいな感じで何かと多忙で大変な日々を送っていますが、生きております。

今日なんかは初夏の陽気、いよいよ春の釣りシーズン本番ですね。

タイトルの件ですが、fathomというブランド名で、昨年から販売している釣り糸を入手。

この会社は、我が地元、愛媛の松山にあるそうです。

Imgp1630

私の普段の釣りで、使用頻度が高そうな物を、ネット通販で打診買い。

fathomの釣り糸はネット通販で販売されているようですが、松山近郊のリアル魔界では買えるのか?否か?は不明です^^;

そして先日、武者泊の磯釣りでfathomの釣り糸を使ってみました。

ナイロン道糸は2~3号のラインナップという事で、磯のフカセ師を狙い撃ちしたような感じですかね。

ハリスは、フロロカーボン製ですが、しなやかさと耐摩耗性と結節強度が売りとの事。

フロロのハリスは、LB表示もされており、ソルトルアー用途も強く意識されております。

実際に使った感じのインプレですが、ハリスのしなやかさに関しては、他社ライバル製品より頭一つリード。

まるで、ナイロンラインのようなフィーリングで、使用前の「引っ張ってヨリを取り除いて」みたいなフロロハリス独特の儀式なしで使えそうです。

しなやかな分、結節強度も十分にあり、なおかつ結節しやすい感じです。

昔のフロロと言えば、茹でる前の春雨のようなパリパリ感が強く、取扱いに苦労しましたが、もう昔話です・・・。

まあ、他社製品も柔らか系のフロロは相当しなやかになってきておりますけどね・・・。

耐摩耗性に関しては、他社ライバル製品を周回遅れにするほど圧倒しています。

この卓越した耐摩耗性にて、武者泊の磯釣りで仕掛けをぶち切っていく正体不明の魚の大半が、ランカーサンノジであったという事が確認できました(笑)

50センチを超えるようなランカーサンノジに針を丸飲みにされても、なかなか切れませんので、ゲテモノ達とネットインまで付き合わされる羽目になり、体力に余力のない我々中年釣り師には少々罪なハリスです。

飲まれても切れにくいので、大型魚を掛けた直後から強気のやり取りが可能で、結果として根に入られる可能性が少なく、終始余裕のやり取りが行え、万が一根に突っ込まれても、1回ぐらいなら切れない可能性が高いという事ですね。

これだけラインの信頼性がUPすると、ロッドの強化をしたくなりますし、ゲテモノ達とのファイトに負けないよう自分自身も鍛えなくてはならない・・・という新たな課題も露呈しています^^;

一方、道糸の方は余り期待していなかったのですが、こちらの方も実にしたたかなラインでした。

視認性もまずまずで、納竿まで撥水が持続し、ロッドへの不快なベタ付きも無く、巻き癖も従来使っていた糸より緩い感じなので、あと1回ぐらい磯釣りで使えそうです。

リールの糸の大半を瞬時に引っ張り出されるような当たりも2回ありましたが、高切れする事なくフルパワーでやり取りできましたので、ラインの品質(均一性や安定性)は、抜群に良い感じです。

個人的に気になる点として、ハリスのゴムバンドが、各号数で色分けされておらず同色の為、ポケットから瞬時に希望の号数が取り出しにくかったり、また糸止めのゴムの作りが悪く、ゴムが外れやすく感じました。

ちなみに、パッケージから製品を取り出すと、こんな文言がかかれています・・・。

Imgp1631

・・・という事で、地元松山発のfathomラインの詳細に関しては、今後も実釣を重ねながら、おいおいとUPしていこうと思います。

ではでは。

2017年11月 3日 (金)

激戦区エギング&他色々・・・

先程、今秋初の激戦区エギングに参戦。

釣り開始2投目で、胴長20センチ級をキャッチしましたが、その後1ハイ小型を追加したのみ。

Imgp1628

潮はいい感じでしたが、生命反応に乏しく2時間程で降参でした。

もう終盤っぽいですが、大型も出ているようですので、また狙ってみたいと思います。

そして、昨夜は、近所でアコウ狙い。

4号ハリスをぶち切られるようなアタリが3回ありましたが、本命には会えず。

Imgp1627

なんとか年内にアコウを1匹キャッチしたいところですが、どうなりますことやら?

他は、宇和海エギングに数回アタックしておりますが、あまり芳しくありません。

Imgp1626

Imgp1625

磯釣りも行ってみたいですが、なかなか休みが取れず、難しい感じです。

ではでは。

2017年10月13日 (金)

再び宇和海エギング

1週間ほど前ですが、再び宇和海エギング。

釣行した日のプラス要因は、大潮・満月で、ほぼ無風。

マイナス要因は、釣行前日~当日の朝まで、まとまった雨。

それから、雨による多量のゴミの浮遊・・・という微妙な条件にて夕刻前から釣り開始。

1ハイ目は、あっさりとGETしたが、見えイカは全く確認できず。

Imgp1621

雨により、深場に一時的に避難してしまったのか?

それとも、年々加速しているように感じる早落ちによるものなのか?

いずれにしても、10月初旬のエギングで、見えイカを確認できないってのは異常事態です・・・。

それにしても、まあまあのゴミで釣りにくいです。

Imgp1623

ポイントを小移動しながらイカの捜索を行うも生命反応なし。

日没少し前になって2ハイ目。

Imgp1622

暗くなってからも散発ヒットのみで、10月初旬の本来の釣況とは程遠い感じ。

Imgp1624

最終釣果は胴長15~20センチ程度のモイカ10ハイでした。

10月前半で、これだけ渋いと、先が思いやられますが・・・^^;

ではでは。

2017年9月26日 (火)

生存報告(初夏~初秋の釣り報告)

更新は滞っていますが、生きております(笑)

前回の更新以降、あまり釣りに行けていませんが、画像がある分だけでもUPしときます。

5月中旬、松山にてメバル釣り。

Imgp1597

Imgp1596


MAX25センチ級で、まずまずの釣果。

続いて5月下旬、武者泊でのフカセ釣り。

底物師が溢れかえっていたのと、渡礁に最も不利な単独釣行という事で、沖磯どころか、本バエ周りにも上がれず、沖ススキに渡礁。

それにしても、沖ススキから見る高茂岬は、めっちゃ雄大です。

Imgp1603

夏場は期待薄の磯ですが、突然の衝撃的なアタリ!

Imgp1599

45センチ級のシマアジ君でした。

他には、カワハギ君とか・・・

Imgp1600

Imgp1601

カラフルな熱帯魚も色々釣れましたが、本命のイサキ&グレは、少々と撃沈。

Imgp1607

年内に、あと1回ぐらいは磯に行きたいですが・・・。

6~7月も釣りに行ったはずですが、詳細は忘れました。

・・・で8月下旬、宇和海にて超早期エギング調査。

Imgp1610

Imgp1612

Imgp1613

余り釣れませんでしたが、綺麗な夕日に癒されました。

続いて、9月下旬の宇和海エギング。

Imgp1614

日中からバンバンヒットしますが、小型主体。

シャローでアクションしていると、真下から魚が餌木をパックンチョ。

Imgp1615


上がってきたのはオオモンハタですが、足元まで寄せた時に、サメに襲われ、内臓が出ちゃってます^^;

宇和海恐るべし。

夕方になり徐々にサイズUPし、胴長15~18センチのモイカが多くなります。

Imgp1616


Imgp1617

夜の部も、ボチボチで、最終30ハイ程を持ち帰り。

最大胴長は。20センチぐらいでした。

続いて昨晩、松山市内でアコウ狙い。

狙いのアコウは釣れませんでしたが、良型メバルが連発しました。

Imgp1618


Imgp1619

25センチ絡みのメバルは5匹。

ぶっちゃけ、松山でアコウを1匹釣るよりも、25センチ級のメバル5匹を揃える方が難しそうですので、妙な達成感はあります(笑)

Imgp1620

カサゴも、まあまあサイズでした。

「メバルとカサゴが邪魔をして、アコウまでエサが届かなかった」という事にしときます。

これから秋の本格釣りシーズンですが、ぼちぼち釣行してみます。

ではでは。

2017年4月29日 (土)

メバル快釣!

昨晩、今年初のメバル狙いに行ってきました。

いつもの松山市内のポイントですが、終始メバルの活性は高く楽しめました。

Imgp1594


Imgp1595

型の良いので20センチ強ぐらいです。

メバルのコンディションも良く、捌いてみると脂ノリノリです。

サイズはともかくとして、昭和の時代を彷彿とさせる釣れっぷりでした。

ではでは。

2017年4月24日 (月)

2017年ちょい投げ始動

数日前より、ちょい投げでのキス釣りを始動しています。

伊予市~佐田岬北岸~佐田岬南岸辺りを広く探っていますが、今の所キスの食いは激渋で、あまり釣れる気がしません。

釣れてくるキスは氷のように冷たく、例年より水温上昇が遅れているのかもしれません・・・。

Imgp1590

今の所、頑張って二桁がやっとの釣況。

Imgp1592


アタリも小さくて、キス特有の鮮烈なアタリも控えめな感じ。

例年ならば十分盛期に突入していますが、今期は少し先みたいです・・・。

ではでは。

2017年4月16日 (日)

昨日のエギング

昨日、宇和海エギングに行ってきました。

先週の悪天候下での釣れっぷりからすると、昨日の天候・潮周りだと二桁狙えそうな感じでしたが・・・。

まさかの激渋で大苦戦。

「今日は丸坊主を食らうのか?」と諦めかけたその時、良型らしきイカパンチ!

しっかりと合わせを入れると、グイ~ンと嬉しいファイト感で、少しだけラインを出してやり取りします・・・。

Imgp1587

慎重に玉入れし、無事キャッチ。

約1.5kgの良型モイカでした。

その後は、300g未満の小型1ハイしか追加できず終了。

Imgp1588

まあ、丸坊主上等の春季エギングですので、型を見れただけでも良しとします。

これから春の本格釣りシーズンですね。

メバルにも行きたいし、ちょい投げのキスも、そろそろ始まるはず・・・。

何かと多忙ですが、可能な限り釣行してみます・・・。

ではでは。

«エギング修行

最近のコメント

最近のトラックバック