2019年4月16日 (火)

乗っ込みチヌ最盛期!

昨日、近場へチヌ釣りに行ってきました。

 

昼過ぎより、のんびりポイント入りで、夕方にかけての満ち込み狙いです。

 

平日という事で、髙浜~白石にかけては無人で、ポイントは選び放題!

 

一番のお気に入りのポイントに、午後1時頃に入り釣り開始。

 

午前中に、チヌ師が入っていた形跡があり、ある程度の撒き餌が投入されているっぽく、ポイント作りは短時間で済みそうです。

 

釣り開始から満ち潮が流れ始め、丸々肥えたヒガンフグ3連発後、早速1枚目のチヌがヒット!

 

その後も、コンスタントにアタリが続きます。

 

フカセでのチヌ釣りの魅力は・・・

潮流を読み撒き餌を投入し仕掛けを投入後、撒き餌を追い撃ちし、チヌが付いているであろうポイントに仕掛けを流し込んでいき、ゆっくりとウキが没していき、合わせるとチヌ独特の首振りを感じつつ、竿を大きく曲げながら玉網に誘導していく一連の動作がイメージ通りに出来た時の達成感は、独特の趣であるように思います。

 

また、チヌの引きは強いですが、ゲテモノのような下品さは一切なく、あくまでも上品なファイトで楽しませてくれ、独特のカッコ良く大きな美しい魚体で視覚的にも楽しませてくれます。

 

また、本格グレ釣りのように渡船を使わず、お年寄りが散歩しているような道端ポイントで釣れるのもチヌ釣りの魅力のように思います。

 

ちなみに乗っ込み期のチヌは引きが弱く、夏~秋チヌ辺りが最強のイメージを個人的に持っていました。

 

でも、ここ松山のチヌに関しては、乗っ込み期なのに非常にパワフルで、ハリス1.5号でのギリギリのやり取り。

 

昨夏より松山のチヌ釣りに参戦していますが、今が一番パワフルに感じます。

 

秋口の、死んだように無抵抗で上がってくるような黒く痩せた居着き個体は少なく、釣って良し食って良しの良い時期だと思います。

 

今回の魚のコンディションは良く、100%乗っ込み個体の白銀の美味しい奴ばかりそうなチヌばかりでした。

 

まだまだ松山の水温は低いですが、寒チヌから、乗っ込みチヌに完全移行したっぽいです。

 

夏~初冬のような、ウキを一気に消し込むような派手なアタリは出ませんが、微妙なアタリをとり掛けていくテクニカルな釣りも面白いと思います。

 

午後5時となり、早めに潮止まりとなったところで終了。

 

20190415

 

釣果は、35~45センチのチヌ8枚でした。

 

ではでは。

 

 

2019年4月10日 (水)

寒チヌ、渋々・・・

数日前ですが、寒チヌ修行に行ってきました。

 

ポイントは、いつもの髙浜近辺です。

 

お気に入りポイントに入るべく、早朝の暗いうちから入ってみますが、釣りポイントには既にバッカンが置かれています。

 

チヌ師が増えるのは本望ですが、ポイント争奪戦が相当に加熱しており、少々やりずらくなっているのも事実。

 

興居島へ渡ればポイントが多いものの、普通車で往復4千円近いフェリー代が掛かるので躊躇してしまいます。

 

・・・という事で、空いているポイントへ入り釣り開始。

 

フグ、磯ベラ、木っ端グレ等のエサ取りが散発的にヒットしてきますが、チヌの動きは悪いようです。

 

201904063

 

エサ取り達と戯れていると、突然に大きなアタリ!

 

スピード感はないものの、一気に根に突っ込もうとするパワフルな奴は、間違いなくコブリン。

 

数回根に突っ込まれた後に、なんとか玉網に収まった魚は、やっぱりコブリン。

 

201904061

 

50センチ強の、コブリンとしては中型ですが、先日の80センチ級マダイよりも遥かにパワフルで、チヌのフカセ仕掛けで獲るのが非常に難しい魚です。

 

ゲテモノではありますが、まあまあ美味な魚なので、持ち帰りw

 

そうこうしていると、本命のアタリも・・・。

 

201904062

 

チヌのコンディションは微妙ですが、久しぶりの寒チヌキャッチです。

 

その後、更に1枚のチヌと、ランカーウマズラを追加し終了。

 

201904064

 

普段、私がチヌ釣りで入っているのは、こんな綺麗な海。

 

201904065

 

この綺麗な海で魚が釣れれば最高ですが、釣れなくても、まあ~ええかって感じです。

 

ではでは。

 

 

2019年3月30日 (土)

最近何も釣れんので、ちょい投げでキス(^^;)

更新をしていませんが、チヌ釣りなどで完封負けを喫した釣行が2釣行続いています・・・。

 

・・・で、キスにでも癒してもらおうと、本日ちょい投げ出撃。

 

まあ、シーズン初期ですので、定番ポイントを軽く様子見してきましたが、めっちゃ渋くて大変でした。

 

双海~長浜辺りを探り、宇和海まで様子見で、ツ抜けするのが精一杯でした。

 

20190330

 

サイズは、20センチ絡み主体で、まあまあでした。

 

ではでは。

 

2019年3月14日 (木)

意外な大物

今日も近場の海へ寒チヌ修行へ・・・。

お気に入りのポイントは先行者が居り、近年チヌ狙いで入ったことのないポイントへ入ります。

午前10時頃から釣り開始し、緩やかな満ち潮に仕掛けを流し込みますが、本命のアタリはありません。

昼過ぎの潮止まりに得体の知れない大型魚がヒットしますが、根に走られあっさりとラインブレイク。

コブダイの仕業だと思いますが、姿を見ていないので断定はできません・・・。

引き潮でも正体不明の大型魚のバラシ3連発をやらかし、ハリスを1.5→3号に強化し正体を確かめる作戦に出ます。

ハリス変更直後にも同じような大きなアタリが有り、合わせると一気に沖に向かって走ります・・・。

魚は比較的表層を走っており、50m程沖で一旦停止したところで反撃に出ます。

走り具合からしてコブダイの可能性は低く、先日のランカー寒ボラに似ている引きではありましたが、海面に浮上した魚は、なんと80センチ級の大型マダイ!

姿が見えた後も、何回も走られたり、ガラ藻に突っ込まれたりと、非常に苦労しましたが、なんとか無事ネットイン。

20190314

本日、チヌの釣果は無く、マダイのみで終了でした・・・。

近場のお気軽ポイントと言えど、海に糸を垂らしていると、色々なドラマがありますね・・・。

ばらした魚達は、コブダイの可能性が高いですが、全てマダイだった可能性も否定できません・・・!?

ではでは。

2019年3月10日 (日)

寒チヌ、ぼちぼち・・・

数日前に、またまた寒チヌ修行へ。

大潮周りの白石海岸・・・という事で、激流です。

水温は低いし、そこそこ風は吹いているしで、難易度高し。

そんな中、苦心しての1枚目!

201903082

201903083

白ベースで青紫っぽく輝く魚体は、最高のコンディション。

お尻が赤いのは、乗っ込みチヌの証で、パワフルなファイトです。

チヌの活性は非常に低かったですが、何とか6枚をキャッチ。

最後の1投で、青物っぽい大きなアタリ!

会心のやり取りで玉網に収まったのは、自己記録級のランカー寒ボラでした。

201903084

怖いもの見たさで、ボラを持ち帰ってみましたが、臭みも無く、普通に食する事が出来ました。

そして、また別の日の釣果。

20190305

この日も大潮周りで風の強い日でしたが、なんとか結果を出すことができました・・・。

針に糸を通すような難しい釣りですが、奥深い釣りで飽きません。

チヌ釣りをしていると、小型のカレイが結構ヒットしてきます。

201903081

手の平級未満なので、ほとんどリリースですが、今冬5~6枚は釣れています・・・。

ではでは。

2019年3月 2日 (土)

寒チヌ好釣~♪

数日前になりますが、近場にて寒チヌ修行。

釣り開始前に髙浜~勝岡辺りのポイントを車で走りながら物色してみますが、ほぼ無人。

まあ、長潮前の小潮ですし、水温低いし、寒いし、風強かったし、小雨降っていたし・・・で、普通に考えると釣りに行かないのが正解と言えます。

本日のエサ。

201902271

今回も、前回好印象だったヒロキューのエサを使用。

生さなぎ黒鯛&麦黒鯛に、キザミッコのオキアミ生のブレンドです。

このブレンドだと、投入時の”シャク離れ”が抜群に良く、コントロール性と遠投性が抜群で、文句の付けようがありません。

おまけに、餌の準備段階で海水が浸み込むように浸透していくので、短時間で希望の硬さに調整可能で、値段も安いしで、良い事ずくめのお勧めのエサです。

玉砕覚悟で、いつもの白石海岸にて釣り開始。

満ち潮が緩~く流れている状況なので、本流に狙いを定め釣り開始後3投目に早くもヒット。

寒チヌは引かない、元気がないという固定概念を覆す強烈なファイトで1枚目をキャッチ。

その後も、順調にヒットし、つ抜け達成。

明らかに乗っ込み絡みの魚は3枚で、全般的に魚のコンディションもまずまず良さげ。

その他、居着きで黒く痩せた魚を数枚リリース。

針掛かり後のファイトは、夏~秋チヌに匹敵する程パワフルな個体も居り楽しめました。

ただし、アタリは微妙で、ウキが一気に消し込まれるような爽快なアタリは無く、居食いっぽいアタリが大半でした。

201902272


今回の魚は、40センチ平均ぐらいで、型が揃っていました・・・。

エサ取りは、フグが少々程度で釣り易かったです。

ではでは。

2019年2月 6日 (水)

磯竿購入&メバル&チヌ

ご無沙汰しています・・・。

長年使っていた磯竿が老朽化してきているので、新しいのを購入。

20190123

がま磯 グレ競技スペシャル Ⅲ 1.75号 50です。

今まで使っていたのが、初代グレ競技スペシャル1.75号 5.3ですので、二世代後継モデルという事もあり、違和感なく新竿に移行できるのではないかと思います。

そして2週間程前に、釣友に誘われ興居島にてメバル釣り。

エサ取り化した10センチ未満の小メバルの中から、お持ち帰りサイズの20センチ弱を拾う展開。

終日風に吹かれましたが、そこそこの釣果があり楽しめました。

201901231

そして、昨日は絶好の好天の中での白石海岸寒チヌ修行。

釣り開始1時間程は、全くアタリなし。

そして2時間近く経過し、フグが偶にヒットする程度と大苦戦。

やはり2月の海は、甘くありません。

ちょっと諦めかけた時間帯に、突然のウキ入れ!!

合わせると、チヌ特有の首振りを感じます。

・・・が、約10秒後にフックアウト。

寒チヌの貴重なアタリを逃してしまい凹みましたが、次の流しで、あっさりとキャッチ!

Imgp0010

その後は、ゾーンに入り最終的には9枚キャッチ。

Imgp0011

肛門に赤みを帯びた個体も数枚居り、地味~に、のっこみが始まっているみたいです・・・。

釣りをしていると、年配のオジサンが近寄ってきて、色々と話をしてくれます。

「ここは引き潮しか食わんやろ?」とか、「隣の波止がワシのHGで、曲がり角からの満ち潮が良い」など、貴重なチヌ情報を惜しげもなく教えてくれます。

そして、目の前を1隻の渡船が通過。

オジサンは、おもむろにガラケーを取り出し、渡船に電話しています。

「今日はダッシュ島のロケらしいで・・・w」との事。

とにかく話題が豊富で、面白いオジサンでしたw

今回のチヌの配合餌は、ヒロキュー製を使用。

Imgp0012

なぜヒロキューなのか?かは、三津内港の釣り具店に、これしか置いていなかったからw

でも、実際に使ってみて大手のマルキューのエサと比べても、なんら遜色ありませんでしたし、値段は大手メーカー品の約半値と割安です。

海水との調合もやり易かったですし、遠投性も良かったですので、今後は多用しようと思います。

ではでは。

2019年1月11日 (金)

やっと初釣り

本日、やっと初釣りへ・・・。

武者泊にてグレ狙いです。

今日は単独釣行なので、沖磯への1人渡礁は規定により不可。

鼻面岬先端付近の地磯へ単独渡礁し、釣り開始。

開始直後から、45センチ級のグレがヒット。

201901112


その後も順調に良型グレを追加します。

10時の満潮潮止まりまでに、10枚ほどグレをキャッチ。

辺りを見渡すと、あちらこちらで湧きグレが乱舞しています。

船頭さんが「引き潮になったら釣れるで~」と言われていたので、後半戦も期待していましたが、10時以降はサンノジラッシュ。

201901113

結局、10時以降、納竿までにグレは追加できず終了。

201901111

後半ずっこけましたが、良型口太グレを10枚以上キャッチできたので、上出来です。

同船者の各グループも、好釣果だったようです。

朝一にシマアジのバラシがあったり、赤~青~黄色のゲテモノ達とのガチンコファイトもあったりで、心地良い疲労感ではあります。

宇和海の各グレポイント共、良く釣れており、口太祭り絶賛開催中みたいです。

ではでは。

2019年1月 1日 (火)

明けまして、おめでとうございます!

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年も、ゆる~く、マイベースで釣りを楽しもうと思います。

今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

伊予灘で遊ぼう!

        管理人  DOLPHIN

2018年12月26日 (水)

釣り納め?

本日、白石海岸でチヌ修行。

朝から生憎の雨でしたが、徐々に天候は回復。

開始早々に景気良くウキ入れするも変な引き。

上がってきたのは、なんと30センチ級のカレイw

201812261


チヌのフカセ釣りの外道としては、まあまあ珍魚の部類かと・・・。

続いて、30センチ級のマダイ。

201812262

そうこうしているうちに、本命のチヌも登場!

201812263


神フッキングにて、良型チヌをキャッチ。

その後、釣友2名も加わり、穏やかな師走の伊予灘で、のんびり糸を垂れます・・・。

その後、ポツリポツリとアタリが続き、合計で7枚のチヌをキャッチ。

穏やかな天候と、潮周りの良さにも助けられ、良き釣り納めとなりました。

年末は寒波で時化そうですね。

釣りに行かれる方は、くれぐれも無理をなさらぬように・・・。

ではでは。

«冬チヌ修行

最近のトラックバック