2019年2月 6日 (水)

磯竿購入&メバル&チヌ

ご無沙汰しています・・・。

長年使っていた磯竿が老朽化してきているので、新しいのを購入。

20190123

がま磯 グレ競技スペシャル Ⅲ 1.75号 5.3です。

今まで使っていたのが、初代グレ競技スペシャル1.75号 5.3ですので、二世代後継モデルという事もあり、違和感なく新竿に移行できるのではないかと思います。

そして2週間程前に、釣友に誘われ興居島にてメバル釣り。

エサ取り化した10センチ未満の小メバルの中から、お持ち帰りサイズの20センチ弱を拾う展開。

終日風に吹かれましたが、そこそこの釣果があり楽しめました。

201901231

そして、昨日は絶好の好天の中での白石海岸寒チヌ修行。

釣り開始1時間程は、全くアタリなし。

そして2時間近く経過し、フグが偶にヒットする程度と大苦戦。

やはり2月の海は、甘くありません。

ちょっと諦めかけた時間帯に、突然のウキ入れ!!

合わせると、チヌ特有の首振りを感じます。

・・・が、約10秒後にフックアウト。

寒チヌの貴重なアタリを逃してしまい凹みましたが、次の流しで、あっさりとキャッチ!

Imgp0010

その後は、ゾーンに入り最終的には9枚キャッチ。

Imgp0011

肛門に赤みを帯びた個体も数枚居り、地味~に、のっこみが始まっているみたいです・・・。

釣りをしていると、年配のオジサンが近寄ってきて、色々と話をしてくれます。

「ここは引き潮しか食わんやろ?」とか、「隣の波止がワシのHGで、曲がり角からの満ち潮が良い」など、貴重なチヌ情報を惜しげもなく教えてくれます。

そして、目の前を1隻の渡船が通過。

オジサンは、おもむろにガラケーを取り出し、渡船に電話しています。

「今日はダッシュ島のロケらしいで・・・w」との事。

とにかく話題が豊富で、面白いオジサンでしたw

今回のチヌの配合餌は、ヒロキュー製を使用。

Imgp0012

なぜヒロキューなのか?かは、三津内港の釣り具店に、これしか置いていなかったからw

でも、実際に使ってみて大手のマルキューのエサと比べても、なんら遜色ありませんでしたし、値段は大手メーカー品の約半値と割安です。

海水との調合もやり易かったですし、遠投性も良かったですので、今後は多用しようと思います。

ではでは。

2019年1月11日 (金)

やっと初釣り

本日、やっと初釣りへ・・・。

武者泊にてグレ狙いです。

今日は単独釣行なので、沖磯への1人渡礁は規定により不可。

鼻面岬先端付近の地磯へ単独渡礁し、釣り開始。

開始直後から、45センチ級のグレがヒット。

201901112


その後も順調に良型グレを追加します。

10時の満潮潮止まりまでに、10枚ほどグレをキャッチ。

辺りを見渡すと、あちらこちらで湧きグレが乱舞しています。

船頭さんが「引き潮になったら釣れるで~」と言われていたので、後半戦も期待していましたが、10時以降はサンノジラッシュ。

201901113

結局、10時以降、納竿までにグレは追加できず終了。

201901111

後半ずっこけましたが、良型口太グレを10枚以上キャッチできたので、上出来です。

同船者の各グループも、好釣果だったようです。

朝一にシマアジのバラシがあったり、赤~青~黄色のゲテモノ達とのガチンコファイトもあったりで、心地良い疲労感ではあります。

宇和海の各グレポイント共、良く釣れており、口太祭り絶賛開催中みたいです。

ではでは。

2019年1月 1日 (火)

明けまして、おめでとうございます!

当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今年も、ゆる~く、マイベースで釣りを楽しもうと思います。

今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

伊予灘で遊ぼう!

        管理人  DOLPHIN

2018年12月26日 (水)

釣り納め?

本日、白石海岸でチヌ修行。

朝から生憎の雨でしたが、徐々に天候は回復。

開始早々に景気良くウキ入れするも変な引き。

上がってきたのは、なんと30センチ級のカレイw

201812261


チヌのフカセ釣りの外道としては、まあまあ珍魚の部類かと・・・。

続いて、30センチ級のマダイ。

201812262

そうこうしているうちに、本命のチヌも登場!

201812263


神フッキングにて、良型チヌをキャッチ。

その後、釣友2名も加わり、穏やかな師走の伊予灘で、のんびり糸を垂れます・・・。

その後、ポツリポツリとアタリが続き、合計で7枚のチヌをキャッチ。

穏やかな天候と、潮周りの良さにも助けられ、良き釣り納めとなりました。

年末は寒波で時化そうですね。

釣りに行かれる方は、くれぐれも無理をなさらぬように・・・。

ではでは。

2018年12月15日 (土)

冬チヌ修行

昨日、近場へ冬チヌ修行へ・・・。

とりあえず、高浜~白石海岸のポイントを物色。

釣り人も少なく、ほぼ全てのポイントが空いておりましたが、前回完封負けを喫したポイントに入り、リベンジを狙います。

潮は早からず遅からずの良い感じで動いており、昼前からのポイント入りで冬チヌを狙います。

満ちの上げ止まり直前で、仕掛けを流し終え回収しようとすると、ガツンと魚信が・・・。

Imgp0008


居食いでの良型のチヌでした。

その後、引き潮に転じ、そこそこ良さげな潮流となりますが、全く当たりません。

午後4時を過ぎ、日没間近となり諦めた時間帯に、またしても居食いで1枚追加。

マキ餌も無くなり、バッカンの撒き餌を寄せ集めての最後の1投で、更に居食いチヌを1枚追加。

合計3枚&ウマズラハギ1枚にて終了。

Imgp0009


チヌ3枚とも居食いでのヒットで、釣った感は薄いですが、まあ結果オーライという事で・・・。

松山近辺のチヌ釣りに関しては幼少の頃(小~中学生の頃)に多少なりとも経験がありますが、バクダン釣りや虫エサを使用してのブッコミ釣り、投げ釣りが主流で、今とは全く違う釣法でした。

今、メインで攻めている白石海岸にしても、昔は道路さえ付いておらず、今とは海岸線の形が全く異なっており、チヌ釣りに関しては私自身の経験値も少なく手探り状態。

そういう意味で松山のチヌ釣りに関しては1年生状態で、釣行毎に新しい発見があり、発展途上感アリアリで結構楽しかったりします。

今年も残り少なくなり、これが釣り納めになる可能性もありますが、なんとかあと1釣行し、良い釣りで締めくくりたいと企んでいます・・・。

今気づきましたが、今年は松山市内で1度もエギングをせず終わってしまいそうです。

ではでは。

2018年12月 2日 (日)

完封負け

本日、白石海岸でチヌ狙いを敢行しましたが、アタリすら無し。

午前の引き潮は全く動かず。

午後の満ち潮は多少なりとも潮が動いていましたが、最後までチヌの活性が上がりませんでした。

本命は勿論の事、お持ち帰りできる魚もヒットせず、完封負けどころか、完全試合を喫してしまいました。

波間に見えチヌは確認できましたので、まだまだ修行の余地がアリアリです・・・。

でも、やっぱり長潮は、アカンですな。

また、潮周りの良い時に、リベンジじゃ~。

ではでは。

2018年11月30日 (金)

メバル&カワハギ&チヌ

釣行記録3連発です。

まずは、3日前の釣り。

髙浜近辺で、アコウを夜釣りで狙ってみましたが、音沙汰無し。

まあ、潮は良からず悪からず微妙な感じでしたので、アコウ様には対面出来ず。

ハリス4号とかの穴釣り仕掛けでしたが、メバルやアジは超高活性。

メバルは、20センチ弱の、近場としてはまあまあサイズ。

アジは、23センチ程度のが漁港周りで沸き返っておりました。

メバルは、今後期待できそうな釣れっぷりでしたので、メバル仕掛けで挑めば、数・型共に期待できそうな感じでした。

そして、数年振りにグレの魚影が濃いみたいですが、今のところ25~30センチと微妙なサイズ。

明らかに尺UPなグレは、1枚のみでした。

持ち帰り魚は、こんな感じ。

Imgp0005

画像には映っていませんが、グレ・メバル・アジの下に、ホゴ(カサゴ)や海タナゴも居ますので、軽~く五目釣り達成です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、一昨日は、陸っぱりのハギ釣り。

潮周りも微妙で、雨風も有り・・・という悪条件ながら、3時間ほどで12Lクーラーが満タン。

Kimg0170

車中の32Lのクーラーに魚を移し、2杯目にチャレンジしましたが、その後は10枚程追加したのみ。

ところで、変な模様のサンバソウ(イシダイの若魚)が釣れました。

1543565717809_2


なんじゃこれ。

この日に釣れた魚は、カワハギ、ウマズラハギ、サンバソウ&イシガキダイ、ベラ3種、フグ、トラハゼ、アジ、イワシ、チャリコなどなど軽~く10目達成で、魚種の豊富さに驚かされます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、昨日は白石海岸でチヌ修行。

厳しい潮周りでしたが、なんとか4枚。

Imgp0007


チヌは、38~48センチの、まあまあサイズ。

右のチヌ2枚は、コンディションの良い美味しい白系チヌです。

左の2枚は、ちょい黒&痩せ気味の個体ですが、水温の低下とともに全般的に美味しいチヌの比率が高くなっているような気がします。

まあ、チヌの活性は高くないですが、水温低下でアイゴが激減してきていますので、若干釣り易くなっている感じです。

先日の大座布団ヒラメで未来の釣運まで使い切っているかと思いきや、その後も、まずまず釣果に恵まれており、一安心しています・・・。

ではでは。

2018年11月18日 (日)

チヌ釣りしていたら、まさかの魚が・・・

今日は、夜勤明けでチヌ釣り。

白石のお気に入りのポイントに午前9時ごろから釣り開始。

潮周りが悪く、相当の苦戦が予想されましたが、案の定、釣り開始から5時間、潮流は微動だにせず。

日曜日で好天なのに、動かぬ潮を嫌ってか、釣り人は少ないです・・・。

午後2時を過ぎて、やっと満ち潮が動き始め、待望のチヌがポツリポツリヒットしてきます。

午後4時、40センチ程度のチヌがヒットし、ゆっくり寄せていると、なんとチヌの尾鰭に大型のヒラメが、ガブリ!

玉入れ直前にヒラメはチヌを離し、悠々と沖に帰っていきます・・・。

ラッキーな事に、このチヌの前に、サンマ級の大型サヨリが釣れており、クーラーに放り込んでいたのが、クーラーの中で暴れています。

急いでサヨリを取り出し、チョン掛けし沖へキャスト!

水面近くを引いていると、背後からさっきのヒラメが、サヨリをぱっくんちょ。

強烈な走りを見せるものの、なんとか無事ネットイン。

ほぼ80センチの大座布団ヒラメでした。

Imgp0002

ハリス1.5号、チヌ針3号を使用していましたが、下あごの一番いい所に掛かっていました。

Imgp0004


本日の持ち帰りのチヌは4枚。

激ヤセの黒チヌは、3枚ほどリリース。

丸坊主上等で出撃しましたが、潮を考えたら上出来です。

ではでは。

2018年11月13日 (火)

チヌ釣り&ハギ釣り

本日、チヌ狙いで昼前から白石へ。

北東風強く、やりにくい時間帯もありましたが、開始早々に大型がヒット!

Imgp0056


元気一杯の、ほぼ50センチの大型チヌでした。

その後は、ぼちぼちアタリが続き、楽しめました。

Imgp0057


40~50センチぐらいのチヌ6枚、ウマズラ3枚、グレ2枚を持ち帰り。

チヌの型が揃っており、まずまずの結果でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、数日前には佐田岬に、カワハギ出撃してきました。

この日は、小型が多かったです。

食いも渋く、パワーイソメでは全くヒットなし。

オキアミ(ボイル)と、本虫にて、なんとか30枚ほど捕獲。

Imgp0055

今のカワハギは、肝がしっかりと入っており、脂の乗りも抜群です。

時間があれば、宇和海の大型カワハギポイントでも開拓してみようと思います・・・。

ではでは。

2018年11月 7日 (水)

ハギ釣り&チヌ釣り

数日前ですが、ハギ釣り出撃。

エサ取りが多く、それなりに苦戦しましたが、12リットルのクーラー満タンの釣果でした。

Imgp0051

欲を言えば、もっと大型が欲しい所ですが、陸っぱりのチョイ投げですので、手の平程度でもOK牧場です。

そして、今日は近場でチヌ釣り。

ここ最近、松山近辺のチヌの活性は落ちており、期待薄らしいですが・・・。

白石海岸のお気に入りポイントは、珍しくチヌ師らしき先客が居り、スルー。

適当に空いているポイントに入ります。

Imgp0052

午前10時前より釣り開始。

引き潮が、いい感じで流れており、3投目にガツン!

Imgp0053


45センチ級の良型ちょい黒チヌです。

しかし、その後ぱったりアタリが途絶え、木っ端グレラッシュが始まります。

遠くに投げても、遠くまで流しても、木っ端グレ。

表層でも底を這わせても木っ端グレ。

しかし、下げ止まり近くになって、本命のアタリ連発!

チヌは全部で7枚キャッチ。

全て45~48センチぐらいの良型でした。

ちょい黒のチヌ4枚と、尺グレ2枚を持ち帰り。

Imgp0054

頭でっかちで真っ黒の激ヤセチヌ3枚はリリース。

お手軽ポイントで、これだけ釣れれば十分です。

ではでは。

«エギング&ハギング