2019年8月24日 (土)

灼熱の武者修行

数日前に、釣友達と磯釣りに行ってきました。

 

場所は、いつもの武者泊。

 

この暑い中、磯釣りに行く輩は、武者泊全体で私らのみ。

 

つまり、ジャンケン無しで、どこでも上がれる状態でした。

 

・・・が、南風で2m程度のうねりが付いており、沖磯で渡礁できそうなのは「ヤッカン北の船付」のみでしたので、そこに磯上がり。

 

フカセ釣りは私のみで、釣友2人は底物狙い。

 

魚の活性は低く、イサキの散発ヒットのみで静かな時間が流れます。

 

キツ(イスズミ)や、サンノジ等、ゲテモノに体力を消耗させられていく中で、フカセ仕掛けにシマシマな魚が・・・。

 

201908211

40センチちょい超えのイシダイでした。

 

それにしても殺人的な暑さで、集中力が持たず、バラシも少なくありません・・・。

 

最終的に、イサキ15匹程キャッチ。

 

201908212

釣友の底物師2人は、外道少々と惨敗でした。

 

良型グレも見えていたものの食わせる事が出来ず、魚影を確認できずバラシた魚の中には、良い魚も混ざっていたと思いますので、まだまだ修行が足りないって事ですね。

 

ちなみに海は、こんな感じ。

 

画像では、わかりにくいですが、まあまあ時化ていました。

 

201908213

 

ではでは。

 

2019年8月 1日 (木)

久々にアコウ狙い

昨夜は、近所の海で久々にアコウ狙い。

 

201907311

 

伊予灘の美しい夕焼けを見ながら釣り開始。

 

少し風が吹いているものの、釣りに支障なく心地良い涼風です。

 

ハリス3号で10センチの穴釣り仕掛けで、テトラの隙間に仕掛けを落とし探っていきます。

 

・・・が、ヒットしてくるのは、20センチまでの小メバルが大半で、大型魚の気配なし。

 

まあ、松山でのアコウ遭遇率は確率10%ぐらいに考えているので、致し方ありません。

 

満潮の潮止まりとなり、諦めかけた・・・その時、重々しくも鋭角的なアタリ!

 

32センチぐらいですが、久し振りのアコウキャッチとなりました。

 

サイズはともかくとして、松山では幻化している魚だけに、狙って釣れると超気持ちいいです♪

 

201907312

 

毎日暑くて夏バテ気味ですが、また狙ってみたいと思います。

 

ではでは。

 

2019年7月22日 (月)

久々にチヌ釣り

今日は、釣友と武者泊釣行を予定していました。

 

・・・が、昨日の時点で台風の余波の為、出船中止が決定。

 

さあ、どうしようか?と釣友と相談の結果、近場の興居島へチヌ釣りに行ってきました。

 

天候は不安定で、時折雨が降ったかと思えば、カラッと晴れて・・・。

 

合羽を脱いだり着たり、また脱いだりと、暑くてしんどい釣りでした。

 

乗っ込み後の気難しい時期ではあるものの、軽~く二桁枚数キャッチできるだろうと思いきや、それほど甘くなく本命のチヌは4枚のみと苦戦。

 

敗因は、思ったほど動かなかった潮と、エサ取り化したサヨリに翻弄された感じ。

 

木っ端グレの猛攻も、凄かったです。

 

他にエサ取りは、スズメダイにフグ少々。

 

チヌ3枚と、グレ1枚を持ち帰り。

 

20190722

グレは35センチを超えており、興居島で釣れるサイズとしては大型でした。

 

ではでは。

 

 

2019年7月 5日 (金)

久し振りのエギング

今朝は早朝から宇和海エギング。

 

事前情報は全く無いですが、産卵を終えた元気一杯の夏イカに遊んで貰おうという魂胆です。

 

1ハイ目は、こんまいちゃん。

 

201907051

 

宇和海のモイカは、産卵期が長期化している感じで、初秋サイズのイカや親指サイズの新子もちらほら確認できます・・・。

 

時折、ふらふらっとキロアッパーなイカも見えましたが、餌木に反応せず。

 

その後も、10月サイズのみが続きます。

 

201907052

 

7月だから、キロアップな良型も交じって欲しい所ですが、こんまいちゃんのみで終了。

 

201907053

 

夏を飛び越して、海の中は秋でした。

 

大型は釣れませんでしたが、アタリが多く、一足早く秋季エギングの雰囲気を楽しめたという事で、OK牧場です。

 

ではでは。

2019年6月24日 (月)

キス、渋々・・・

今朝は、久し振りに、ちょい投げキス出撃。

 

満潮が昼頃なので、午前8時過ぎより実釣開始の、ゆっくりスタート。

 

今が最盛期のキス故、簡単にツ抜け・・・とはいかず、まあまあ苦戦。

 

双海~長浜にかけて数か所で午前10時までに2匹のみの撃沈状態。

 

思い切って、佐田岬の宇和海側のサーフポイントに移動してみます・・・。

 

ここでは、ぼちぼちながら、キスを追加。

 

25センチ絡みの良型から、ピンギスまで大小入り乱れてヒットしました。

 

20190624

 

絶対的には小さな魚ですが、鮮烈で鋭角的なアタリと引きで楽しませてくれます。

 

出来れば、20センチ以上のみでツ抜けしたいところですが、かなり難しいです・・・。

 

ではでは。

 

2019年6月19日 (水)

イサキ祭り絶賛開催中♪

今日は、イサキの好釣果が伝えられている宇和海へ磯釣りに行ってきました。

 

場所は、いつもの武者泊。

 

釣友とのスケジュールが合わず、今回は一人釣行にて挑みます。

 

ちなみに武者泊は沖磯の一人渡礁が禁止になっており、お一人様釣行だと、地磯もしくは他のグループとの沖磯同礁となり、博打的要素が強く、特に夏場は、お勧めできません・・・。

 

今日の理想的な展開としては、同船の最も大人数グループが船同士のジャンケンに勝利し、アブセに上がり、私も同礁させて頂く・・・となる事を密かに祈りつつ、船間ジャンケンを見守りますが、見事に負け。

 

しかし、ジャンケンに勝利した船が、ヤッカン・ナダレを選び、私は他グループとアブセに同礁となる神展開となりました。

 

201906191

海は穏やかで、名礁ヤッカンを見ながらの、のんびりとした釣り。

 

・・・と、前置きが長くなりましたが、イサキ祭り絶賛開催中の主会場であるアブセだけあって、イサキは終始高活性。

 

ウキ下が、1ヒロだろうが、2ヒロだろうが、3ヒロだろうが関係なし。

 

ハリスが太かろうが細かろうが、オモリが軽かろうが重かろうが関係なし。

 

サシエが大きかろうが、小さかろうが関係なし。

 

マキエとサシエの同調だけを心得れば、簡単にヒットしてくる癒しの釣りでした。

 

時折サメが背びれを出しますが、ヒットした獲物を強奪する動きは無く、快適そのものでした。

 

あれよあれよで、32リットルのクーラーが満杯。

 

201906192

 

これだけ魚が入ると、氷も効いていないだろうから、休み休みの釣りで早めに納竿。

 

イサキに埋もれて見えませんが、40センチ級の口太グレも1枚だけ釣れています。

 

欲を言えば、アベレージサイズが一回り大きければ申し分ないのですが、それは贅沢ですね。

 

同礁の方は勿論の事、他磯の方も、良く釣られていましたし、同礁の終始ルアーを投げ倒されていた漢アングラーは見事に80センチ級のヒラマサをキャッチされていました。

 

抱卵状態の進捗率は50%と言ったところで、今しばらくはイサキ祭りが継続しそうです。

 

ではでは。

 

 

2019年6月 6日 (木)

松山の乗っ込みチヌ、ほぼ終わり

前回の更新以降も、地味~に松山チヌ釣り修行を続けています。

 

まずは、5月30日。

 

この日は、若潮で潮が動かず苦戦。

 

この日のエサ。

 

201905301

 

コンディションの良い乗っ込み個体なチヌが1枚ヒットするも、後が続かず終了。

 

201905302

 

続いて、6月3日。

 

幻想的な朝霧の中で釣り開始。

 

Imgp0004

 

潮は悪くないも、良くもなく、チヌの活性は、ぼちぼち。

 

20190603 

 

お持ち帰りは、チヌ5枚で、乗っ込み個体3枚、居着き個体2枚でした。

 

そして、本日6月6日。

 

本日のエサ。

 

201906061

 

今日も、チヌの活性は低く、乗っ込みは、ほぼ終わった感じ。

 

201906063

 

6~7枚のチヌをキャッチしましたが、コンディションの悪い個体は放流し、4枚のみお持ち帰り。

 

一番上のは、コンディションの良い個体ですが、他は微妙な感じです。

 

食べて美味しい個体は少なくなり、激痩せ個体が増えてきました。

 

・・・という事で、松山(白石)の乗っ込みは、ほぼ終了みたいです。

 

ちなみに、最近釣果が低迷ぎみなのは、チヌを1枚キャッチ後に、マダイを意識し、ウキ下を浅くしているからです。

 

チヌに専念すれば、もう少し数は伸ばせそうですし、居着き個体は今後も釣れ続けると思います。

 

・・・が、今後、しばらくチヌ釣りを休止し、他の釣り物にシフトする予定です。

 

ではでは。

 

 

2019年5月22日 (水)

まだまだチヌ!

昨日も白石にてチヌ修行。

 

前回の釣れっぷりからすると、1枚勝負の激渋の状況が予想されます。

 

見える範囲に人影は見えず、釣り人は私一人。

 

混み合ってるのも頂けませんが、一人ってのも寂しいですね・・・。

 

しかし、前回と違うのは、大幅に潮周りが良いという事。

 

天候も良く(良すぎで暑い?)目指せ「ツ抜け」の心意気で、夜明けから釣り開始します。

 

今回のエサは、こんな感じ。

 

201905221

 

比較的安価な配合エサを使用しています。

 

この3種組み合わも初だと思いますが、使い勝手は良好でした。

 

最初の1枚を釣るのに2時間を要しましたが、その後まずまず好調に推移。

 

201905222

 

お持ち帰りは9枚。

 

血抜き中のバケツからトンビに強奪されたり、小型のはシラサギ君に進呈したりで、合計11枚のキャッチでした。

 

乗っ込み絡みの良いコンディションの魚が多く、引きも強く釣趣満点でした。

 

ハリスが反射して全く見えませんが、ファゾム1.5号です。

 

乗っ込み第二弾が始まったのか?前回たまたま釣れなかったのか?よく解りません。

 

おチヌ様が相当に気まぐれで「釣況は竿出ししてみないと解らない」という感じで、チヌ師の方々も苦戦している模様です。

 

この先、大した休息期間もなく、夏チヌに繋がるのではないか・・・とも感じておりますが・・・。

 

ではでは。

2019年5月17日 (金)

チヌ&キス

昨日は、白石にてチヌ修行。

 

午前中のみ、ちょこっと参戦。

 

エサは、こんな感じ。

 

201905161

爆寄せチヌと生サナギ黒鯛の組み合わせは、意外にも初でしたが、遠投性に優れ好印象でした。

 

撒き餌に反応している見えチヌの状況ですが、乗っ込み個体が急激に減少し、居着き個体がちらほら。

 

案の定、居着きっぽい、ちょい黒1枚しかキャッチできず終了。

 

実は終了間際に大型の鱒がヒットし、足元まで寄せていましたが、惜しくも針ハズレ。

 

サクラマス?サツキマス?もしくはニジマスのいずれかだと思いますが、60センチ超の大型だっただけに残念・・・。

 

20190516

 

ちなみに現地のベテランチヌ師の見解も「白石の乗っ込みはGWで終わり」と仰る方が多く、夏チヌまでの暫しの休息という感じです。

 

でも、仕掛けを海に入れると、何かしらのサプライズ・事件wに遭遇する可能性もありますので、懲りずにチヌ修行を続けるつもりです。

 

・・・で、今日は気分を変えちょい投げキス修行。

 

一投目から、こんなん釣れました。

 

201905171

 

10センチ級ですが、クジメではなく、松山近辺では絶滅が危惧されている本物のアイナメです。

 

肝心のキスは激渋。

 

1匹だけ間違って29センチの大型キスが釣れましたが、ツ抜けできず8匹で終了。

 

型は良いのが多いですが、キスが少ない感じです。

 

20190517

 

日本の南海上には梅雨前線が形成され、梅雨入りが近づいてきました。

 

ではでは。

 

 

 

 

2019年5月10日 (金)

チヌ、ぼちぼち・・・

本日も近場でチヌ修行。

 

平日なので午前7時過ぎのポイント入りの、ゆっくりスタートです。

 

白石方面の西側は波止~護岸とも誰も居らず、久し振りにお気に入りポイントに入ります。

 

今日の撒き餌は、こんな感じ。

 

201905101

 

久し振りにマルキューのエサも購入。

 

チヌの道&宿は、ジャンプで500円程で売られておりましたので、リアクションバイト。

 

ヒロキューの生さなぎ黒鯛は、じわじわ値段が上がっており、ジャンプでは700円超えの為、1袋だけ。

 

そんなこんなで、午前8時前より釣り開始し、早々に本命キャッチ。

 

まあまあ良い感じで満ち潮が流れているのに、何故かチヌの活性は低く、午前中で4枚のみ。

 

午後からは、前回好調だった護岸に移動。

 

しかし、前回ほど潮位が上がらず、引き潮も流れずで苦戦。

 

最終的に、合計8枚のチヌと海タナゴ1枚をキャッチして終了。

 

201905102

 

絶好の釣り日和の中、のんびりと楽しむ事ができました。

 

フグを主体とするエサ取りは居ますが、夏場に比べれば少なく、そういう意味で寒~乗っ込み期は釣り易い時期と言えます。

 

宇和海のモイカも気になるところですが、釣れそうな予感が全くせず躊躇しています。

 

ではでは。

 

«令和釣行1~2回目(メバル・チヌ)